1. TOP
  2. これでもう安心!赤ちゃんと旅行に行く時の必要な持ち物20選

これでもう安心!赤ちゃんと旅行に行く時の必要な持ち物20選

 2016/12/09 子育て   40 Views
赤ちゃんと旅行に行く時の必要な持ち物

「赤ちゃんが生まれたら、一緒に行きたいところがたくさんある」というお父さんお母さんも多いでしょう。

実家がちょっと離れたところにある場合、親しい人に赤ちゃんの顔を見てもらうために旅行を計画するご家庭も多いです。

しかし、赤ちゃんが一緒となると、気にしなくてはならないポイントがたくさんあります。

まだまだ免疫が弱かったり、泣き声で周りに迷惑をかけることもあります。

体調管理や安全面への配慮、周りに迷惑をかけないための工夫や必要な持ち物などを考えておくようにしたいものですね。

赤ちゃんの旅行はいつからできるの?

兄弟

「赤ちゃんと一緒の旅行はいつからできるか?」ということについては、はっきりした決まりがあるわけではありません。

赤ちゃんの発達によっても異なりますし、交通機関や行き場所によっても異なります。

未熟児などで生まれた子は「何か月」という形での判断がしづらいですから、その子の成長度合いを見ながら判断していくようにしましょう。

通常は生後3か月以降

通常、乗り物などを利用するような距離が長めの旅行をするなら、赤ちゃんの首がすわる3か月以降にすべきでしょう。

そうすれば抱っこしての移動も楽になります。

これ以降の時期に生活リズムができ、昼と夜の区別もつきやすくなってくることも多いですから、このあたりを少し大きな旅行を始めてもよいタイミングと考えてみてもよいでしょう。

お母さんの体調も合わせて見ていきましょう。

もちろん時間が経つほど安全性や旅のしやすさが増します。小さければ小さいほど体がしっかりできていませんし、免疫力も少ないものです。

一通りの予防接種を終えてから

国内で安全な場所や実家に行くなど、ある程度安心して過ごせる状況が確保できているような場合は3か月ごろからでもよいです。

でも、例えば国内でも人混みがある場所を訪れるときや、海外に行くなど病気にかかりやすい環境がある可能性が高い場合は、一通り予防接種を終えた後などにしたほうが安心です。

転勤などどうしても海外行きを防ぐことが出来ない事情がある場合を除いて、予防接種を終える前は海外へ行くことを避けたほうが無難でしょう

病気のかかりやすさや発達状況はひとりひとり異なります。

自分の子供の状態についてよく知り、安全かどうかを判断していくことが親の責任といえるでしょう。

赤ちゃんとの旅行は準備が大切

旅行バッグ

大人であれば、たいていのことは旅先でも対応することが出来ます。

足りないものがあれば旅先で購入することが出来ますし、体調が悪ければ自分で判断し、旅行をやめたり病院を受診することが出来るでしょう。

準備が大切な理由

しかし、赤ちゃんはそういったことが出来ません。

体調を崩しやすいにもかかわらず自分で体調不良を訴えることが出来ませんし、赤ちゃんのお世話に必要なものを購入しようとしても売っていないことも多くあります。

だからこそ、旅行に行く前の準備が大切なのです。

赤ちゃんへの負担はなるべく少なく

旅行そのものに気をとられてしまうと、子どもの体調不良に気が付かないなどという事も起こりがちです。

レジャーを楽しむなら赤ちゃん時期ではなく幼児期にするとして、できるだけ短時間の移動で無理なく動けるように計画を立てましょう

赤ちゃんのお世話に絶対に必要になものは、必ず持っていけるように準備をしていきましょう。旅先で手に入らないと困ることになります。

リスクを考えた計画を立てましょう

また、計画を立てるときに休憩もきちんととれるようにスケジュールを立てましょう。

大人であれば、とくに休憩をとらずに目的地に向かうこともできますが、赤ちゃんの場合は体への負担が大きくなります。

乗り物に乗りっぱなしではなく、少し休憩できる場所を用意しておくことや、おむつ替えや授乳ができるスペースについて調べておくと役立ちます。

もしもの時に、旅先で駆け込みができる病院なども調べておくと安心です。

とくに休日に旅行をする場合、空いている病院が少ないこともありますから特にしっかり調べておくようにしましょう。

赤ちゃんとの旅行で必要な持ち物20個

哺乳瓶

赤ちゃんと旅行するにあたって、事前の準備が大切なことが分かっていただけたと思います。

そこで、赤ちゃんとの旅行で必要な持ち物をご紹介しますので、ぜひ参考にして準備していただけたらと思います。

1.紙おむつ

普段布おむつを使っている方でも、旅先では洗うことが出来ませんので、紙おむつを使うのが便利です。

少し余裕を持った数を持ち物に入れましょう。

2.粉ミルク

公共の場では、母乳での授乳が難しい時もあると思います。

そんな時に備えて粉ミルクを持っていきましょう。携帯用に小分けされたものが便利です。

3.哺乳瓶

粉ミルクを飲ませるときに必要な持ち物です。忘れないように気をつけましょう。

4.消毒用グッズ

哺乳瓶を消毒したり、その他で消毒が必要になった時に役立ちます。

5.お湯

粉ミルクを作る時に必要ですので、忘れず用意しましょう。

また旅先でお湯がもらえるポイントを調べておくとよいでしょう。お湯がなくなった時でも安心です。

6.授乳用の服

旅先で授乳する際、授乳用の服を持っていると便利なのでおススメです。

7.ビニール袋

使用済みのおむつやゴミ、着替え、などを入れておくのに役立ちます。

嘔吐したときの処理にも役立ちますので、多めに用意しておきましょう。

8.おしりふき、ウエットティッシュなど

汚れをふき取る時やおむつ替えの時に役立ちます。これも多めに用意したいですね。

9.バスタオル、フェイスタオル

寒いときに赤ちゃんの体を包んだり、下に敷いてマットにしたりと多様な使い方ができます。

10.ガーゼ・タオルなどのハンカチ

汗や汚れをふき取るときに使えます。赤ちゃんはよだれも多いので少し多めに持ち物に入れましょう。

11.ベビーフード

旅先でも赤ちゃんは大人と同じものが食べられないので、ベビーフードを持っていきましょう。

普段食べ慣れているものや飲み慣れているものがお腹を壊しにくく安心です。

12.飲み物

食べ物と同様に、飲み物も普段口にしているものを持っていきましょう。

13.おやつ

普段から赤ちゃんがおやつを食べているのなら、こちらも一緒に用意しましょう。

14.健康保険証、母子手帳

万が一、旅先で赤ちゃんが病気になった時、受診する際に必要です。必ず忘れずに持っていきましょう。

15.普段使っている薬など

何かの病気で薬を処方されている場合は、忘れずに持っていきましょう。

もし忘れた場合は、旅行の中止を考える必要があります。

16.着替え

嘔吐などで汚すこともあるので、少し多めに用意したいものです。

17.おもちゃ

赤ちゃんがグズった時、あやすことができるおもちゃがあると便利です。

お気に入りのおもちゃがある場合は、ぜひ持っていきましょう。

18.スキンケア用品

赤ちゃんのデリケート肌を守るために、スキンケア用品も用意したいところ。

ローションやボディクリームを持っていきましょう。

19.雨具

旅先で雨が降った時、大人用の傘だけで赤ちゃんを守ろうと思っても、なかなか難しいです。

そこで赤ちゃん用のレインコートやポンチョなどの雨具があれば、とても楽になりますよ。

20.帽子

夏に旅行する時は、帽子があると便利です。強い日差しから赤ちゃんを守ってくれますよ。

赤ちゃんとの旅行で気をつけること

赤ちゃん

ちょっとあげただけでも、必要な持ち物が多いことに気づいていただけたと思います。

大人だけの旅行とはわけが違い、赤ちゃんとの旅行はかなり負担が大きくなります。

人ごみに気をつける

楽しみを優先させ過ぎないように、赤ちゃんが快適に過ごせるような旅のプランを心がけてみましょう。

とくに気を付けたいのが人が集まる場所です。観光地などもそうですが、電車やバスの中も注意しましょう。

不特定多数の人が同じ空間に長時間いるため、病気になっている人がいると、それが赤ちゃんに移ってしまう可能性もあるかもしれません。

人ごみを避ける旅行も考えましょう

また、赤ちゃんの泣き声を不快に思う方もいます。障害などが原因で音に過敏な方もいます。

赤ちゃんが泣くのは当たり前のことではあるのですが、多くの人がいる場所ではそれだけ迷惑を掛けがちになります。そのことを認識して対応することは必要でしょう。

訳が分からずに泣く時期はありますから、その時期は人混みの中を行くような旅行を控えることも意識しておきたいものです。

少し大きくなって、話が通じるようになってからでも楽しい旅行は遅くありません。

いつも以上に体調に気を遣おう

体調変化については普段より気にするようにしてください。長時間普段と違う環境にいることで変化が起きやすくなります。

気温の変化なども、重なると病気になるリスクも高くなります。

また外だからといって、トイレやおむつ替えのことを考えてあまり水分を摂らないでいると、脱水症状などを引き起こす恐れがあります。

ですので、水分や食べ物は十分摂らせてあげるようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんとの旅行は、準備から旅行中まで大変なことも多いものです。

どうしてもこの時期に旅行をしなくてはならない時には、最大限の配慮をするようにしましょう。

また赤ちゃんに負担をかけないように万全の準備をして、柔軟性のあるスケジュールを組むようにしましょう。

もし当日にちょっと熱があるなど体調面の変化があるような場合は、旅自体を取りやめたり遅らせることも考えに入れておくといいですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

赤ちゃんと旅行に行く時の必要な持ち物

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • もう繰り返さない!簡単にできる赤ちゃんの便秘解消法

  • 他人事じゃありません。いじめられている子供が出すSOSサイン

  • どれを選ぶ?子供の将来性を広げるおすすめの習い事6選

  • 出産費用の平均は?知らないと損する出産とお金の豆知識

  • 子供の咳が止まらない時はどうしてあげるのが正解?