1. TOP
  2. 臭いに気づかれる前に即効ケア!ワキガ対策クリームの選び方

臭いに気づかれる前に即効ケア!ワキガ対策クリームの選び方

悩み   69 Views
ワキガ対策クリームの選び方

ワキガには独特の臭いがあるのが特徴で、周囲にワキガの症状を持つ人がいると、その臭いを感じることも少なくありません。

そのためワキガの症状を持つ人にとって、デリケートな問題の1つにもなっています。

しかし、軽度の症状であればワキガ対策を行うことで独特の臭いを抑えられるなどのメリットがあります。

その対策法として有効なものが、クリームを利用する方法で、多品種の中から最適な商品を選ぶことがポイントになるんですよ。

ということで今回は、ワキガ対策クリームの選び方をご紹介します。

ワキガが起きる原因と対策について

失敗

ワキガは臭いがあるのが特徴の症状ですが、これは遺伝するともいわれており、両親の何れかが症状を持つことで子供は遺伝するといわれています。

ワキガの原因

一般的に臭いが強い症状の場合には、臭いの原因を作り出すものを排除するのが良いといわれています。

症状が軽度の場合には、症状が緩和されたのかどうかの判断がし難いため、他の方法を選択すると良いともいわれています。

そもそもワキガというのは汗と皮膚の常在菌が混ざり、分解が行われることで独特の臭いになるもので、汗にはワキガ特有の臭いはありません。

またこの汗は、「アポクリン腺」と呼ばれている皮膚の深い場所にある汗腺から分泌される汗です。

ワキガの対策は?

はてな症状が重度の場合は汗の量をコントロールしても対策としての効果は薄く、アポクリン腺を切除するといった方法で治療を受けるのが最適といわれています。

綺麗にアポクリン腺を切除することで再発が起こり難いなどのメリットがあります。

ただし、アポクリン腺を切除するということからも、麻酔を使って皮膚の切開、そして切除後には切開した部分を縫い合わせるため、傷痕ができてしまうというデメリットがあります。

そのため軽度の症状の場合では治療効果があったのかどうか分かりにくいだけじゃなく、傷跡に対するリスクもあることからも、他の方法で症状を緩和させるといった方法が良いといわれていています。

クリームを使った対策法

アポクリン腺からの汗の分泌をコントロールすること、汗が混ざり合わさり分解されることで特有の臭いになるため、常在菌の繁殖を防止することが臭い対策には必要になります

制汗剤などを利用すると同時に、皮膚の常在菌を殺菌することが有力とされてきました。しかしこのような対策法の持続効果というのは、常に続くものではありません。

皮膚を常に清潔にしようとしても、時間の経過と伴に体温などにより常在菌は発生することになり、結果的に臭いが生じてしまうケースも少なくありません。

しかし、最近ではワキガ対策用のクリームが市販されており、ワキガの症状を緩和させることができます。そして、ドラッグストアなど身近なお店で購入することができるようになってきました。

対策クリームにはいろいろな商品があるので、少しでも自分に合う効果的なものを選ぶことがとても大切なんですよ。

ワキガ対策クリーム選びのポイント

クリーム

お店に行くといろいろなクリームが商品棚に置いてあり、どれを選べば良いのか迷う人も多いものです。そこでワキガ対策クリーム選びのポイントついてご紹介します。

制汗・持続効果が高い

アポクリン腺から分泌される汗が原因の1つであることからも、アポクリン腺からの汗を分泌させない、汗の量を減らせるという制汗効果が必要となります。

制汗効果というのは、持続効果も必要となるため、「制汗効果が高い」「持続効果が高い」といった効果を持つものを選ぶことが大切です。

持続効果が高いものを選ぶことで、1回塗るだけで長時間制汗効果が続くことになるため、臭いが気になりなくなります。それだけ自信を持って外出することができるようになります。

殺菌効果が高い

菌次に、原因の2つ目は皮膚に存在している常在菌という厄介なバイ菌です。

皮膚を常にアルコール消毒してあげれば、常在菌は繁殖することが無くなるので安心できますが、脱脂綿などにアルコールをつけて毎回脇の下を消毒するというのは大変なです。

消毒のために頻繁にお手洗いなどに行けば、一緒にいる友達や会社の同僚から「トイレが近いけど大丈夫?」といったような変な心配をさせてしまうことにもなりかねません。

このようにワキガ対策用のクリームを選ぶ時は、制汗効果が高て持続効果が高いものはもちろんのこと、「殺菌効果が高い」ものを選ぶことがポイントになってきます。

保湿効果が高い

制汗効果・持続効果・殺菌効果といった3つの効果だけで選んでしまうと、失敗してしまうことがあるのもワキガ対策クリームの特徴ともいえます。

私たちの皮膚に存在する皮脂は、皮膚の乾燥状態を守る役割を持つ成分なのですが、アポクリン腺から分泌される汗と混ざることで、臭いを大きくしてしまう作用があります

冬場などの季節に肌が乾燥すると、皮脂の分泌量が増えて肌を保護するようになるので、ワキガの臭いを大きくしてしまう原因になります

そのため皮脂の分泌にも注意が必要であり、分泌量を抑えることも対策の1つとして有効なんです。

皮脂の量をコントロールする方法としては、保湿を行うことが最適で、保湿を行えば分泌量が減って臭い対策にも効果を発揮します。

ワキガ対策用のクリームの中には、「保湿効果」を高めてくれる成分が含まれているものもあるので、このようなクリームを選ぶこともワキガ対策に有効にです。

口コミサイトを利用する

おすすめの無料家計簿アプリまとめインターネットの口コミサイトなどを利用して、他の人が利用しているのと同じものを選ぶという方法もあります。

このように他の人がどのようなものを選んでいるのか、選び方のポイントはとこにあるのかを知っておくことも大切になってきます。つまり、口コミサイトを利用して商品をピックアップしておくわけですね。

また口コミサイトには、一度塗ればどれくらい効果が続いているのかといった情報もゲットできることもあります。

ワキガ対策クリーム選びで気をつけたいこと

注意

ワキガ対策クリーム選び方のポイントは、「制汗効果」「持続効果」「殺菌効果」「保湿効果」の4つの柱が大切になりますが、肌が弱い人にとって強い効果を持つ商品は肌トラブルの原因になる恐れがあります。

例えばクリームを塗ったら「皮膚が赤くなってしまった」「痒みが出るようになってしまった」ということでは、ワキガ対策どころではなくなります。

そのため添加物が使われていないものを選ぶなどして、デリケートな肌でも利用できるものを選ぶことが大切です

またワキガの臭いを消すという意味において、香料が含まれている方が良いと感じてしまう方も多いかと思われますす。でも香料も添加物の1つでもあり、デリケートな肌の方にはおオススメできません。

ちなみに香料が使われているもの過度に使用すると、ワキガの臭いとは別の臭いを放つことになり、これも他人から気にされてしまう原因にもなりますので気をつけましょう。

まとめ

ワキガの臭いは本当に厄介なものがあります。この臭いを抑えるためには、臭いの仕組みを知ることも大切なんですね。

アポクリン腺から分泌される汗と常在菌の2つを抑えるために、「制汗効果」「殺菌効果」「持続効果」を持つクリームを選ぶことが大切です。

これに加えて、皮脂成分を抑えるための「保湿効果」も大切ですし、無添加で無香料タイプのものを選ぶのもオススメです。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

ワキガ対策クリームの選び方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • もう我慢しない!誰でも簡単にできるストレス解消法9選

  • たった30秒で劇的に変わる!口臭になる原因と就寝前の対策

  • もう気にする必要なし!加齢臭の原因と6つの対策法

  • 大人ニキビの治し方5選!原因が分かれば予防もできて安心

  • 自宅で一発消臭!気になる靴と足の臭いを消す方法12選

  • うつ病の初期症状と周囲の対応方法、接し方とは