1. TOP
  2. 結婚式の祝電の送り方・相手に喜ばれる文例もご紹介!

結婚式の祝電の送り方・相手に喜ばれる文例もご紹介!

 2017/02/20 マナー   104 Views
結婚式の祝電の送り方

祝電はお祝いの気持ちを文章で相手に伝える方法です。

現在では「電話」「メール」「FAX」などの通信手段がありますが、今でも結婚式などでは祝電が使われています。

それは伝統という面もありますが、送られた相手にお祝いの気持ちが伝わるからではないでしょうか?

しかし、普段から頻繁に送るものではないため、送り方やマナー、料金などわからない人も多いと思います。

いざ送るときになって慌てないように準備しておきましょう。

祝電とは?

贈り物

祝電とは、結婚式などのお祝いの席などに出席出来ない場合や呼ばれていなくても、お祝いの言葉を贈りたい場合などに送る「電報」のことです。

結婚式のほかにも「出産祝いや「合格のお祝い」「長寿のお祝い」などでも贈ることがあります。

そもそも電報とは何?

もともと、電報とは電話が一般的に普及していないころに緊急の連絡として使われていました。その歴史は古く1860年代に開始されたサービスです。

サービスが開始されてから長い間、文体はカタカナのみでした。また文字数制限もあったため、丁寧な文体ですが簡潔にすることが一般的でした。

1988年からはひらがな電報サービスが始まり、1994年からは漢字電報サービスが開始されました。

現在は電話やFAX、インターネットなどリアルタイムで連絡をとることが出来る手段が増えており、緊急連絡用に使用される機会はなくなりました。現在では主に冠婚葬祭で使われています。

さまざまなタイプがあり記念になる

祝電は通常の紙で出来ている電報台紙から、ぬいぐるみや革張りの電報台紙などさまざまなタイプが登場しています。

お祝いの席での祝電で使うなら、通常の紙タイプではなく思い出に残るようなもので送ると喜ばれます。

最も目にする機会の多い祝電は「結婚式」です。結婚式では司会者が、届いた祝電を読み上げることが多くあります。

また、普段遠くに住んでいる両親や祖父母などへのサプライズとして送ることも喜ばれます。

電話で声を聞くのもうれしいことですが、目で見て手元に残しておくことができる祝電なら記念にもなります。「両親の結婚記念日」「祖父母の喜寿や米寿」などの長寿の祝いにもおすすめです。

祝電の送り方

電話する

祝電を送る際には、送り先情報など必要な情報があります。いざというときに慌てないように送り方をしっかり把握しておきましょう。

送り先の情報と文面を用意する

まず、電報を届ける場所の住所です。会場で行う場合などは事前に確認しておきましょう。また、当然ですが送り先の会場名と届ける相手の名前が必要です。

もし結婚式に送る祝電であれば、新郎か新婦の名前にします。新婦宛に送る場合には、新婦の旧姓で送ります。名前の前に「旧姓」とつけましょう。

そして祝電の文面も決めておきます。文面は失礼のないようにしっかり確認しておくことが大切です。

事前にこれらの情報を用意しておきましょう。

電話・インターネットで申し込む

準備が出来たら申し込みます。一般的な送り方は電話です。NTTのサービスを利用する場合は局番なしの「115番」に電話をかけます。

申し込み受付時間は朝8時から夜10時まで。電報の料金は、申し込みをした電話番号の請求とまとめられます。

なおインターネットからも申し込みが可能です。NTT以外にもたくさんの企業がサービスを提供しています。

インターネットからの申し込みのメリットは、24時間受付している点とたくさんのデザイン性の高い台紙を選ぶことが出来る点です。

送る相手や、送るシーンを考えて相手に喜んでもらえるものを選びましょう。

支払方法は各企業でさまざま

支払い方法は各企業によって違いますので、そのサイトをよく確認しましょう。

また、NTTの営業所や窓口があるのであれば、店頭で申し込みを受付している場合もあります。

電報は配達日の指定も可能です。なるべくなら早めに申し込みをして準備をしておきましょう。

祝電の送り方は自宅や外出先からの申し込みだけなので、便利なサービスといえます。

祝電の料金

家計簿

続いては、祝電を送る際の料金について見ていきましょう。

一般的な料金

NTTで申し込みをした場合は、文字数や申し込み方法で料金に変動があり、基本的な料金は510円からで、文字数が増えることで少しずつ上がっていきます。

そして電話よりも、インターネットで申し込みをしたほうが40円安くなり、さらには配達日の3日前までに申し込みをすることで150円も安くなります。

ですので、もしNTTで祝電を送る場合は、3日以上前にインターネットから申し込みするのが一番安くなります。

有料オプションもある

送り主を連名にしたり、文字を毛筆のようにするサービスもあり、それぞれ有料のオプションとなります。

最近はキャラクター電報やお花、バルーンなどと一緒に届けてくれるサービスもあります。おめでたい場に送るものですので、そのような祝電も喜ばれます。

ただ、料金サービスによってかわりますので、事前にしっかり確認しましょう。

オプションの料金は

もしNTTでキャラクター電報を送る場合には、2000円から4000円程度となります。

お花と一緒に送る場合は5000円から7000円前後となり、お花の入ったかごと一緒に届けてくれます。お花を一緒に贈る祝電は両親や祖父母などの記念にもぴったりです。

NTT以外では、高品質の紙を使ってデザイン性が高いものやブリザードフラワーをあしらったオルゴール、写真立てなど記念として使うことが出来るものもあります。

せっかくお祝いの気持ちで送るものですので、普通の紙ではなく思い出に残るようなデザインのものやアイテムつきのものがおすすめです。

結婚式で喜ばれる祝電の文例

結婚式

NTTなど電報サービスを申し込みする場合には、すでに文例が用意されていることもあります。しかし、せっかくのお祝いですので、文例ではなく自分の言葉で贈りましょう。

幅広く使える例文

結婚のお祝いにはマナーや決まりがあり、失礼にならないようにする必要があります。いくつか文例を用意しましたので、参考にしてください。

「ご結婚おめでとうございます お二人のご多幸を心よりお慶び申し上げます。」

「ご結婚おめでとうございます お二人の末永いご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」

「ご結婚おめでとうございます お二人で笑顔あふれる幸せなご家庭を築いてください。」

このようなメッセージが一般的です。

文字数も少なくシンプルで人気があり、相手との間柄に関わらず広く使える文例です。

少しくだけた例文

友人などの場合はもう少しくだけた文章でも問題ありません。合わせて出席出来なかったことに関してのお詫びを一言加えても良いでしょう。

「ご結婚おめでとうございます。本日はせっかくご招待いただいたにも関わらず、出席出来ず申し訳ございません。いつも笑顔で素敵なお二人に末永いご多幸をお祈り申し上げます。」

なども良く使われる文例です。

祝電にふさわしくない言葉

このような祝電の文章にはマナーがあります。まず忌み言葉を使わないことです。

忌み言葉とは「別れる」「切れる」「離れる」「戻る」などの別れを連想させる言葉ですので、使用するのは避けましょう。

また「たびたび」「重ね重ね」「しばしば」などの重ね言葉は再婚を連想させますので、使わないようにするのがマナーです。

例えば「ご結婚おめでとうございます。地元を離れてからも仲の良い友達で・・・」や「重ね重ねおめでとうございます・・・」という文例はふさわしくありません。

実際の別れや再婚を意味していない場合でも、そのような言葉は使いませんので、祝電の内容を考える際には十分注意しましょう。

まとめ

最近の電報は、以前よりも相手に気持ちを伝える目的が強いものになり、短い文章の中に相手を想う気持ちがたくさん詰まっています。

また、記念になるようなものもあり、プレゼントやメッセージカードに近いものがあります。

送り方もインターネットで申し込みをするのであれば、手軽ですので忙しい人にも利用可能です。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして、相手が喜ぶ電報を送りましょう。きっとお相手も喜んでくれるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

結婚式の祝電の送り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 知らないと恥ずかしい!香典袋の種類・書き方・マナー

  • 大人のたしなみ!初盆・新盆のお供え物と香典金額のキホン

  • 赤いものはタブー?新築祝いのマナー

  • 家族葬ってどんな葬儀?ルールとマナー

  • 初めてでも大丈夫!困ったときの喪中はがき無料文例集

  • 送る時期はいつ?喪中の時に役立つ「寒中見舞い」の文例