1. TOP
  2. ひき始めにも効く!風邪を治す食べ物&飲み物のおすすめは?

ひき始めにも効く!風邪を治す食べ物&飲み物のおすすめは?

 2016/10/24 健康   14,376 Views
風邪を治す食べ物&飲み物のおすすめは

風邪は一年中かかる可能性のある身近な病気です。誰もが一度はひいたことがあるのではないでしょうか。

症状が軽い場合は病院に行くまでもなく、薬を飲んで安静にすれば大抵はよくなってきます。

そんな時に食べ物や飲み物を効果的に摂取すると、風邪の症状をより早く緩和できます。

症状別に取りたい食材をまとめてみましたので、上手にチョイスできれば早く楽になるのでおすすめです。

「風邪かな?」と感じるひき始めにも知っておくと役立ちますね。

風邪の引き始めに効く食べ物

みかん

「なんとなく熱っぽい」「鼻水が出る」、そんなときはビタミンCを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCは風邪の予防に効果的なことは有名ですが、体の抵抗力を上げてくれるのでひき始めにもとりたい成分です。

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCは「レモン」や「みかん」などの柑橘系に多く含まれています。

季節が合えば、「イチゴ」にもレモン以上のビタミンCが含まれているのでおすすめです。

食欲がなく、たくさん食べられないときは「100%果汁」のジュースなどでもいいでしょう。

冷たい飲み物は体を冷やす可能性があるので、「ほっとレモン」にしても効果的です。

ショウガやシナモンもおすすめ

ショウガは体を温めることで知られています。悪寒がするときには「ジンジャーティー」にして飲みましょう。

シナモンにも同様の効果がありますのでシナモン入りの「ホットミルク」にしてみましょう。

ゆっくり眠ることの妨げになりますので、カフェインが含まれたコーヒーや紅茶などに加えるのは控えます。

こまめな水分補給を心がけて早めの対処をしましょう。

発熱時に良い食べ物

ぷりん

熱が出ると食欲もなくなり、味覚自体も鈍くなってしまいます。

そんな時に無理をして栄養のある食べ物を食べようとしても気分が悪くなるだけでたくさん食べることはできません。

熱が高いときは食べやすくのど越しのいいものを摂取します。

食欲がある時は

「アイスクリーム」や「プリン」は栄養価が高く、食べやすいので熱が出た時のお子さんにもおすすめです。

高熱が出ると体の水分、ミネラルやビタミンが大量に失われますので、「スポーツドリンク」などでこまめに補給してください。

卵は栄養のバランスも良いので積極的に食べたい食材です。「玉子酒」や消化のいい「うどん」や「おかゆ」に加えて食べるようにしましょう。

食欲がない時は

食欲がなく、食べ物を受け付けない場合は飲み物だけでもいいので、口にできそうなものを選んで摂取しましょう。

ビタミンやミネラルを補うために「フルーツ」をとるのもいいでしょう。「キュウリ」や「スイカ」などのウリ科の食べ物は熱を下げる効果があります。

南国のフルーツにも解熱の効果がありますので試してみましょう。

寒気を感じた時に良い食べ物

ホットジンジャー

熱があるのに寒気がする。風邪の症状の中でもつらいもののひとつです。

体を芯から温めるには、やはり温かい食べ物と体を温める成分を配合した食物をとるのが一番です。

ショウガとネギを食べましょう

「ショウガ」「ネギ」などがその代表です。

ショウガはすりおろしてはちみつと混ぜてお湯を注いでいただきます。

ショウガの量は多ければ多いほど効果的ですが、辛くなりすぎないように注意しましょう。

風邪をひいているときは消化器官も弱っていると考えられますので、おかゆなどの消化のいいものに「ネギ」や「ショウガ」などを使って食べるようにします。

体を温める飲み物もオススメ

スープにして飲んでもいいでしょう。甘いものが食べやすいと感じるならシナモンを使ったホットドリンクは体をポカポカにしてくれます。

はちみつを入れた「ホットミルク」にシナモンを加えて飲んでみてください。

「コーラ」が最初風邪薬だったということをご存知でしょうか。温めて飲むのは現代でも民間療法として世界中で試されています。

心地よい眠りのためには「ホットワイン」も効果の高い飲み物です。

咳を緩和させる食べ物

はちみつ

のどの痛みを伴う咳はつらいものです。

のどに良い食べ物

のどにいい食べ物は「金柑」や「はちみつ」があります。ガラガラしたのど元の炎症を沈めてくれます。

咳が続いて何とかしたいときは、レンコンのすりおろしを食べると咳止め効果があります。レンコンのすりおろしにしょうが汁、はちみつを加えて熱湯を注いで飲みます。

シソの葉を絞ったものにも同様の効果があります。手軽に刻んで味噌汁に入れたり、うどんにかけたりすることでも効果が期待できます。

シソの葉には体を温め、発汗の作用もあるので風邪の症状がみられるときに積極的に取りたい食べ物の一つです。

驚きのみかんの皮の効果

もうひとつ、風邪の予防になるものといえば「みかん」です。この「みかんの皮」を干したものには痰を溶かして咳を止める効果があります。

漢方薬などの「陳皮」と書かれたものがこのみかんの皮です。乾かして細かくしたものにお湯を注いで飲んでみましょう。

たくさんみかんを食べた時など、干してこの陳皮を作ってみるといいかもしれませんね。

風邪に効く飲み物

栄養ドリンク

風邪の時に水分補給は欠かせません。冷たいものは体を冷やすのでNGです。

常温のスポーツドリンクを飲もう

スポーツドリンクは体の失われたミネラルを補給するのに最適です。常温にして飲むのが体に負担がかからずおすすめです。

風邪に効く成分が配合された栄養ドリンクも、ここぞという時に役に立ちます。

普通の栄養ドリンクにはカフェインが大量に含まれているので間違えないようにしましょう。

白湯は水分補給をする面では最適ですが、症状に合わせてレモンやショウガ、はちみつなどミックスするとよいでしょう。

栄養価の高い飲み物でカロリー摂取を

外出する必要がなく、十分な休養を取ることができればカロリーの消耗も激しくないかもしれませんが、風邪をひいているときは思った以上に体力が失われています。

普通の食事ができない、食欲がない場合はなるべく栄養価の高い飲み物でカロリーを補いましょう。

ホットミルク、玉子酒、甘酒など体を温めて糖分も補給できるので元気が出てきます。発熱時には特に体力、水分ともに失われていきますので注意しましょう。

風邪の時は避けたい食べ物

NG

風邪の時は消化吸収能力も一時的に低下しています。そもそも食べたいと思わないことが普通なのですが、脂っこい食事、消化の悪いもの、生魚などは避けたほうが賢明です。

避けたい具体的な食べ物とは

油分の多い揚げ物、乳製品などは消化器官にダメージを与えて下痢や胸やけなどが起きる可能性があります。

また、カレーなどの香辛料をたくさん使った料理も控えましょう。唐辛子などは喉に刺激を与えて咳を悪化させる原因になります。

多すぎる香辛料は弱った胃腸には刺激が強すぎます。生魚は細菌などが付着していることが考えられます。

他に気をつけること

普段はなんの症状も出なくても、風邪を引いた弱った体は抵抗力が低下しています。菌が繁殖して食あたりなどの弊害が出ないとも限りません。

肉や魚は必ず過熱してあるものを食べるようにしてください。

お酒も風邪をひいてるときには控えたほうが無難です。玉子酒やホットワインを飲む場合は熱してアルコール分を適度に飛ばしましょう。

スナック菓子なども油分が多いので食べないようにしましょう。

まとめ

風邪のひき始めや諸症状におすすめの食べ物、飲み物。いかがだったでしょうか。

風邪は誰もが一度はかかる病気です。薬を飲みながら、自宅でもできる範囲で体にいいことをすれば、早めの完治が期待できますね。

紹介したものはどれも手に入りやすいものばかりで、特別なものは必要ありません。また、普段からこうしたものを取り入れていくと風邪の予防にもなります。

体の抵抗力を高めるには体温を1度でも上げることがとても重要です。

ショウガ、ネギなどの食材を普段からふんだんに取り入れれば免疫力アップにつながりウイルスから体を守ってくれます。

冬にビタミンCがたっぷりのみかんを食べることも、風邪予防につながります。

かかってしまってから手を打つのももちろんですが、できればウイルスを寄せ付けない健康的な体を維持したいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

風邪を治す食べ物&飲み物のおすすめは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 長引く咳…それって咳喘息かも。症状と治療法

  • 感染防止!家庭でできるノロウイルスを消毒する5つの方法

  • 急にピキッ…突然のぎっくり腰の治し方とツボ

  • お薬&病院いらず!花粉症の症状を和らげる9つの対策法

  • 【症状別】市販されているおすすめの最強風邪薬はコレだ!

  • つらい…その原因は何?しつこい肩こりを解消する6つの方法