1. TOP
  2. なぜ日本人に多い?つらい偏頭痛の9つの治し方で即効改善

なぜ日本人に多い?つらい偏頭痛の9つの治し方で即効改善

 2016/12/19 健康   144 Views
つらい偏頭痛の治し方

緊張したり二日酔いになるなど、私たちはさまざまな原因で頭痛を感じることがあります。

多くは一時的なものであり、痛みも我慢できる範囲であることが多いのですが、中には吐き気を伴う程の激しい頭痛が現れる人もいます。

このような頭痛を「偏頭痛」というのですが「一般的な頭痛と何が違うのか」「正しい対処法や治し方とは」といった詳しい内容を知っておかないと、症状を悪化させてしまう危険性もあります。

辛い偏頭痛を早く治すためにも、しっかり覚えておきましょう。

日本人に多い?偏頭痛とは

はてな

偏頭痛持ちの人の話を耳にすることは多くありますが、実はその患者数は日本人の約8%、数にして約840万人にも上るということをご存知でしょうか?

女性にも多い?

偏頭痛は一般的な慢性頭痛の一種で、頭の骨に沿っている血管が何らかの原因で拡張し、炎症を起こしてしまうことで激しい痛みを生じさせる病気です。

明らかな原因は未だに解明されていませんが、過度のストレスや睡眠不足、疲労や食べ物などで誘発されると言われています。

また、男性よりも女性の方が4倍も患者数が多いことを考えると、女性ホルモンが影響を及ぼしているとも考えられています。

偏頭痛には前兆があるタイプも

偏頭痛には症状が現れる前兆のあるタイプとないタイプに分けられ、前兆が現れるタイプは視界に太陽を見た後の残像のようなチカチカした光が現れます。

この光は時間の経過とともに徐々に広がっていき、30分ほどで視界の外に出ていくように消えてしまいます。

この症状は「閃輝暗点」と呼ばれ、派手な症状のため脳に異常が出てしまったのではないかと慌てる患者が多くいますが、実際は予後に心配ないケースがほとんどです。

偏頭痛の症状

偏頭痛の場合、ズキンズキンと頭が脈打つような激しい痛みを伴います。

頭の片方だけ症状が現れるものから全体に広がるものまでさまざまで、光や音、匂いなどに敏感になるだけでなく痛みのあまり嘔吐を伴うこともあります。

痛みは4時間から3日程度続くこともあり、多くの場合は睡眠を摂ることで血管の拡張や炎症が治まり、症状が改善すると言われています。

激しい痛みが治まっても、目や頭の違和感や鈍い痛みがなかなか取れないことも多いので、治し方を覚えておきましょう。

偏頭痛になる原因

困った

偏頭痛が発生する原因にはさまざまな要因が考えられますが、直接的な原因は頭の中に張り巡らされた血管が拡張してしまうことです。

神経が圧迫されて痛みがでる

何らかの理由によって頭に流れ込む血液の量が増大してしまうと、血管はその血液をスムーズに流すために自然と広がっていきます。

頭の血管は、周囲を脳の中でも最も大きな神経である三叉神経が取り囲んでいるため、血管が拡張すればその神経が圧迫されることになります。

この圧迫によって、神経から痛みを引き起こす炎症物質が分泌されてしまうため、血管の周辺に炎症が起こって激しい痛みを伴う頭痛になってしまうのです。

なぜ脳の血管が拡張されるの?

このような血管の拡張を引き起こしてしまう要因としては、

  • 精神的なストレスや疲れ
  • ホルモンバランスや体温の変化
  • 強い光や音
  • 食べ物

などがあり、あらゆるものが考えられています。

偏頭痛患者の中には、土日や祝日になると症状が起きやすいという人も多いです。

平日の会社や学校などの緊張によって収縮していた血管が、休日になって一気にリラックスして拡張するためだと言われています。

女性特有の原因も

また女性であれば、生理前に月経前症候群の一つとして決まって偏頭痛がやってくるというケースも多く、ホルモンバランスが乱れることで血管の拡張に悪影響を及ぼしている可能性があります。

さらに偏頭痛を頻発する人は視覚が敏感になっていることが多く、強い光や音、スマホのブルーライトなどを長時間目にすると目から脳へ刺激が伝わって症状を引き起こしてしまうケースもあります。

このように、偏頭痛の原因にはさまざまなものが考えられるので、それぞれに合った治し方を選択することが大切です。

即効!偏頭痛の9つの治し方

病院

辛い偏頭痛は、とにかく早く痛みを解消したいですよね。そこで即効性のある偏頭痛の治し方をご紹介します。

なお、一般の頭痛と同じように温めたり運動したりすると返って悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

1.頭痛薬を飲む

1つ目はやはり炎症を鎮める効果のある頭痛薬を飲むことです。薬によっては炎症抑制作用がないものもあるので、成分表などを確認して購入するようにしましょう。

また即効性を得るためには、前兆が出始めた時や痛みが始まってすぐ飲んだ方が効果が大きくなります。

2.頭を冷やす

2つ目に血管の拡張を鎮めるために頭を冷やすことです。水で湿らせたタオルや、冷凍庫で凍らせた保冷剤で頭を冷やすと良いです。

なお保冷剤を使う場合は、タオルで包むなどして直接体にあてないようにしましょう。

3.頭のツボを押す

3つ目は頭痛の原因として知られる自律神経を整えるために頭頂部にあるツボを押して刺激することです。

「百会」(ひゃくえ)というツボを押すのが効果的で、頭のてっぺんよりも少し後ろにあるくぼんだ部分にあります。

4.ヘアバンドで頭を優しく締め付ける

4つ目は血管の拡張を抑えつけるために、ヘアバンドなどで頭を締め付けることです。

ただし、強く締め付けると逆に悪影響を及ぼしますので、優しく締め付けると良いでしょう。

5.腹式呼吸を行う

5つ目は腹式呼吸を行って自律神経や脳の興奮を抑えることです。

腹式呼吸をすることで自律神経である「副交感神経」が優位になるため、体をリラックスさせることができます。

心を静めて、呼吸にあわせてお腹を膨らませたり萎ませたりを繰り返してゆっくり行いましょう。

6.過度な刺激を脳に与えない

6つ目は、過度な刺激を脳に与えるのを避けることです。部屋を静かに暗くして、横になるだけでもOKです。

脳に刺激を与え続けると、脳の血管が拡張してしまいます。

7.寝る

7つ目は、思い切って寝てしまうことです。

眠ると副交感神経が優位になり、体の興奮や炎症が静まっていくため、起きると痛みが軽減していることが多いです。

8.こめかみを指で押す

8つ目は頭に流れ込む血流を弱めるために、こめかみを指で力を入れて圧迫することです。

先ほどの百会と同じように、こめかみには「太陽」というツボがあり、押すことで偏頭痛を解消する効果があります。

9.コーヒーや緑茶を飲む

9つ目はコーヒーや緑茶を飲むことです。コーヒーやなどにはカフェインが豊富に含まれていて、血管を収縮させる作用があります。

手元に薬が無い場合は、1杯から2杯程度のコーヒーや緑茶を飲むと効果的です。

このように、即効性のある治し方はさまざまあるので試してみると良いでしょう。

偏頭痛に良い食べ物

サラダ

即効性のある治し方を求めるなら、上記の方法を試してみると効果的です。でも、それ以前にそもそも偏頭痛を起こさないように予防しておくことも大切です。

予防にはストレスをためないことや十分な睡眠など生活習慣の改善も重要ですが、毎日の食べ物にもポイントがあります。

じつは普段、何気なく口にしている食べ物にも、頭痛を予防したり症状を改善してくれる効果が見込めるものもあるんですよ。

ビタミンB群が豊富な食べ物

ビタミンB2やB6などのビタミンB群には、自律神経の乱れを整える作用があるため、自律神経の乱れによる偏頭痛には効果が高いとされています。

例えば

  • レバー
  • 豚肉
  • マグロ
  • カツオ
  • 納豆
  • アボカド

などにビタミンB群が豊富に含まれています。

マグネシウムが豊富な食べ物

また、偏頭痛持ちの人は慢性的に「マグネシウム不足」に陥っている人が多いと言われており、積極的に摂取することが望まれます。

マグネシウムは細胞内で重要な働きを果たす「ミトコンドリア」のエネルギー源。

マグネシウム不足でミトコンドリアがうまく働けなくなると、血管の炎症が発生しやすくなってしまいます。

マグネシウムを多く含む食べ物としては

  • ニンジン
  • カボチャ
  • 大豆
  • ひじき
  • アーモンド

といったものが挙げられます。

食べものではありませんが、先ほどのカフェインにも血管収縮効果があるため、コーヒーや緑茶を毎日数杯飲むことも効果的です。

こういった食べ物や飲み物を積極的に摂取して、偏頭痛の発生を抑えていきましょう。

まとめ

偏頭痛は一度起きるとなかなか治らず、寝込んでしまうほど痛みが強いため、生活や仕事にも支障をきたしてしまう厄介な病気です。

幸いにして予後の悪い病気ではありませんが、症状や影響が大きいのでできるだけ発症しないように日ごろから対策を行っておくことが大切です。

原因になり得るストレスや睡眠不足に注意し、偏頭痛の予防や改善に効果のある食べ物を積極的に摂取して注意するようにしましょう。

もし偏頭痛が頻発したり長時間収まらない時は、すぐに病院へ行って精密検査を行うことも大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

つらい偏頭痛の治し方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • インフルエンザと風邪の症状の違いとは

  • ひき始めにも効く!風邪を治す食べ物&飲み物のおすすめは?

  • つらい緊張型頭痛、その原因と緩和法とは

  • キーンと聞こえたら注意!耳鳴りが止まらない7つの原因

  • 感染防止!家庭でできるノロウイルスを消毒する5つの方法

  • ペインクリニックとは?腰痛や肩こりの痛みもコントロール?