1. TOP
  2. 産まれて初めての「ひな祭り」(初節句)は何をするもの?

産まれて初めての「ひな祭り」(初節句)は何をするもの?

イベント   473 Views
産まれて初めての「ひな祭り」(初節句)は何をするもの?

結婚してお子さんが生まれると、その成長の節目ごとに様々なお祝いごとがあり、女の子の節句としては3月3日に行われる「ひな祭り」があげられます。

ひな祭りは別名「桃の節句」とも言われており正式には「上巳の節句」といいます。

でも、生まれて初めてのひな祭り(初節句)では、いったい何をするものなのでしょうか…ご紹介します。

ひな祭り(初節句)をする時期

さくら

節句とは縁起がよくお祝いに向いている日取りのことを指していて、特に3月3日のように奇数が重なる日は邪気を払うことができると最良の日ともいわれています。なので女の子が生まれたら、3月3日にはひな祭りのお祝いをすることが日本では行事化され、習慣となっているのです。

初節句とは?

中でも女の子が産まれて初めて迎えるひな祭りは初節句といわれており、家族や親戚が家に集まり、女の子の今後の健やかな成長を願ってお祝いの席を設けることが一般的です

初節句のお祝いを行う時期ですが、お子さんの生まれ月によっては生まれてすぐに「ひな祭り」がやってくる可能性も、もちろんあります。特に1月~2月に生まれたお子さんの場合には、その年の3月はちょうど生後1~2か月となり、お宮参りや検診など他の行事や用事との兼ね合いもあります。

また、母子ともに体調もまだまだ不安定な時期であるので無理は禁物です。0才の初節句はお雛様を飾るだけのちょっとしたお祝いにして、翌年に本格的な料理を作り、親しい身内を家に招待して盛大にお祝いしても良いです。

3月3日こだわらなくても良い

初節句とはいっても何が何でも生まれたての赤ちゃんを、その年の3月3日にこだわってお祝いしなければいけない、という決まりはありません。あくまでも行事であるひな祭りはできる範囲で、母子の体調や健康状態を優先して行うことが望ましいです。

生まれたての赤ちゃんや0歳児では食事も大人同様にとることは不可能であり、母親も赤ちゃんに付きっきりで、なかなか他のことにまで気を回すほどの余裕もないです。そこでお子さんが1歳になってからのひな祭りを初節句として盛大に祝っている家庭も多く、近年は増えてきています。

また3月は気候も不安定で体調も崩しやすい時期でもあるため、春になり暖かくなったころに時期をずらして初節句をお祝いすることも近年では主流となっていているようです。

ひな祭り(初節句)の準備

お雛様

妊娠、出産、慣れない育児を経て、お子さんと初めて迎えるひな祭りですが、そこで親として大切になってくるのが初節句当日に向けての準備です。

雛人形の準備

女の子が生まれると分かれば、まず初めになるべく早く準備をしていきたいのがお雛様です。お雛様は古来は母方の実家が用意するものとされていますが、現代では祖父母が孫にプレゼントしたり、家族代々受け継がれている雛人形を継いで飾ったりします。

また、家庭の規模や広さに応じたものを夫婦で選んで用意するなど、ライフスタイルの変化に応じて自由に準備する風潮になってきているので、どのように準備していくのか家族で相談しておきましょう。

姉妹がいる時の雛人形は?

お雛様2雛人形ですが、昔からお雛様は昔から持ち主の女の子の身代わりに悪いことや災難そして病気をすべてかぶってくれるといういわれがあります。なので、のちのち2人目のお子さんに恵まれて姉妹となった場合には、可能であればお雛様は1人1つずつ揃えたほうが良いとされています。

ただ雛人形は高額です。そこでコンパクトなミニ雛人形を活用して人数分揃えたほうが、費用を抑えることができます。

もちろん、1組の雛人形を2人目のお子さんとも共有して飾るご家庭も多いです。その際には、雛人形のお手入れをしっかりと行い、毎年綺麗な状態で飾ることができるよう、小物などは傷んでいたら買い替えて代々使用できるような配慮が必要になります。

雛人形で他に注意すること

また本来は雛人形の持ち主が嫁入りしたら、その雛人形は使命を全うしたことになり手放すといった習わしもあります。風習を大切にされる方は、娘の嫁入りと同時に思い出の詰まった雛人形を手放す準備もしておく必要があります。

しかし家族代々同じ雛人形を飾っている家庭も多くありますので、気にしない方は1つの雛人形を大切に使い続けていっても構わないません。

さらに雛人形を飾る時には前日に慌てて出すようなことはせずに、初節句らしく余裕をもって1週間前を目安に飾りましょう。可能であれば2月19日もしくは20日の「雨水の日」と呼ばれる日取りに飾り付けをすると、将来娘が良い伴侶に巡り合えるといういわれもあるので参考にしてみると良いです。

ひな祭り(初節句)の料理

ちらし寿司次にひな祭りをするにあたって、雛人形と同様に重要なのが、行事食としての料理の準備です。

一般的には、ひな祭りのお祝いの日に「ちらし寿司」を手作りすることが主流です。ちらし寿司はお祝い膳であり、お正月のおせち料理のように、縁起の良い食材をたくさん入れることが必要とされます。

例えば、エビは「長寿」を示す象徴として、レンコンは「今後の見通しが良い」という意味合いで、ちらし寿司の具材として混ぜ合わせるのが良いでしょう。

さらにちらし寿司と一緒に、「蛤のお吸い物」を用意することも定番化しています。蛤には対になって離れないという意味合いがあり、女性の貞操や夫婦の絆の安定を示していることから食べると縁起の良い行事食となっています。

ほかにもあられや甘酒、菱餅などを用意して、ひな祭りの食卓を雛人形と同様に料理でも華やかに飾り付けつけることが良いとされます。

初節句のお祝いのお返し

ひな祭り当日は初節句を迎える娘や孫に向けて祖父母や親戚、友人などからお子さんあてにお祝いをいただくこともあります。もし、お祝いをいただいた場合はありがたく受け取り、後日お子さんの名前で内祝いとしてお返しをすることも忘れないようにしましょう

お返しをする際には、お礼状やひな祭り当日に撮影した家族写真やお子さんの写真を添えて贈ると喜ばれます。

お返しの内容としては、いただいた品物や金銭の額の3分の1程度のお菓子が一般的です。また最近では、カタログギフトや名前の刺しゅう入りタオルなども人気なので、お祝いをいただいた相手や関係性に応じてギフト内容を変えても良いでしょう。

2人目以降のお子さんのひな祭り(初節句)

兄弟

2人目のお子さんが生まれて、また初節句をひな祭りで迎えるという場合にも、同様の配慮や準備が必要です。上のお子さんは2回目以上でも、下のお子さんにとっては記念すべき産まれて初めてのひな祭りとなります。

そのころには上の子も大きくなっているでしょうから、一緒に料理を作ったり、お雛様を飾ったり、ひな祭りの由来や歴史についてお話ししたりすることで、また違った楽しみ方もできることでしょう。

ひな祭りの歌も口ずさめるようになれば雰囲気がでてより楽しみが増しますし、今後姉妹でひな祭りを楽しめるようになった姿を想像しただけで、とても幸せでほほえましい気持ちになりますよね。

まとめ

親としては事前に準備するものも多くあり、大変な思いもすると思いますが、あくまでひな祭りは女の子が主役の行事です。

どうしても日々の家事や子育てで気を張ってしまいがちですが、お子さんの健やかな成長と幸福を願って、家族みんなでその日をゆったりと一緒に楽しく過ごすことが本来の目的でもあります。

規模や時期などはその家庭ごとに多様であって構わないですし、必ずこうしなければいけないというルールもありません。家族のかたちに合ったお祝いをすることが大切です。

産まれて初めての女の子ならではの行事です。女の子であることに誇りをもって、幸せな女性へと成長していけるようになる第一歩として初めてのひな祭りは欠かせませんし、大好きな家族からお祝いしてもらったという幸せな気持ちはいくら大きくなってもお子さんの心に強く残るものです。

そのため、ひな祭りはお子さんに愛情をたくさん伝える機会にもなる大切な行事であるといえます。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

産まれて初めての「ひな祭り」(初節句)は何をするもの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 母の日のおすすめプレゼント!義母への上手な贈り方を解説!

  • お星様や天の川をお部屋に飾ろう!七夕飾りの折り紙の作り方まとめ

  • 忙しいパパを喜ばせてあげよう!父の日のおすすめプレゼント

  • 今年もあとわずか…日本人がするべき大晦日の6つの過ごし方

  • 何が必要?おせち料理の定番の中身20個とその意味