1. TOP
  2. 赤いものはタブー?新築祝いのマナー

赤いものはタブー?新築祝いのマナー

マナー   2,662 Views
赤いものはタブー?新築祝いのマナー

新築祝いとは、マイホームを新築した時に送るお祝いです。昔からの意味合いでは「新築一戸建てを建てたお祝い」という色が強いものですが、マンションを購入した時や建売住宅を購入した場合にも贈られています。

ですので、マンションや建売住宅購入の場合は引っ越し祝いとしてお祝いされることもあり、どちらでもマナー違反ということはありません。ただ、新築祝いのマナーは意外と難しいものです。

そこで、新築祝いのマナーについてご紹介します。

新築祝いを贈る時期とタイミング

贈り物

新築祝いを贈る時期は、新築のお披露目の時に渡すことが一般的とされます。ただし、今はお披露目会が開かれないことも多く、その場合は一新築から30日以内に送るのが好ましいとされています。

しかし引越して間もないと、まだ荷物が片付いていなかったり、足りないものがわからないのでリクエストしづらいという現実的なこともあります。そのため、今では新築から2ヶ月前後に渡されることが多くなっています

新築祝いはあくまでもお祝いの気持ちなので、時期が遅れたからマナー違反ということはありません。

また、お披露目会で渡す場合は渡すタイミングも重要です。

自分たち以外に何組もお呼ばれしている場合は、お祝いの金額を前もってすり合わせていない限り、他の人の前で渡してしまうと「他の人が持参したものと金額差があってきまずかった」ということが起きるかもしれません。

金額が一見してわからない商品券やカタログギフトの包みを渡す場合はかまいませんが、贈り物が特定の商品の場合はお披露目の日には持参せず、後日郵送という形を取るのがスマートです

ただし、お披露目会に手ぶらで行くことはマナー違反です。お花やお菓子、お酒などちょっとした手土産を持参して、「かさばってしまうのでお祝いは後日送らせてもらいます」などと一言添えることが好ましいです。

新築祝いの「のし」の付け方

水引

新築祝いを送る際は、よほど砕けた友人関係でない限りは忘れずにのしをつけなければなりません。

のしの水引は紅白の蝶結びを使用します。なぜ蝶結びののしかというと、おめでたいことは何度あっても良いという意味合いから、何度も結び直せる蝶結びが最適とされます。

のしの表書きには、「祝御新築」「御新築御祝」「御新築祝」などを選びます。マンション購入などの場合は、「祝御新居」または「御祝」と記します。そして全ての場合、水引の下に自分の名字または氏名を記入します。

新築祝いの贈り物のタブー

NG

新築祝いには大事な注意点があります。それは、贈り物の種類。ということで、新築祝いの贈り物のタブーについてご紹介します。

喜ばれるものを贈ることがプレゼントとしての基本ですが、新築祝いの場合は送ってはいけないものがあります。

それは「火」を連想させるものです。新築祝いは文字通り「家」という生涯の財産を手に入れたことに対するお祝いです。家にとって大敵なのは火事です。そのため、火を連想させるもの、そして赤いものは新築祝いにおいてはタブーであり、失礼とされるのです。

火を連想させるものとは、昨今では嫌煙の人が増えていてタバコを吸わない人が多い世の中になっていますが、かつてはリビングに重厚な灰皿とライターのセットが多くの家に置かれていました。実用かつインテリアにもなり得る「灰皿」「ライターセット」は新居に必要不可欠なものでありましたが、新築祝いのお祝いとして贈ることはNGです。

また、そのほかにも「ストーブ」や「ファンヒーター」、「オーブントースター」や「電気コンロ」なども火を連想するためNG。オシャレな「アロマキャンドル」や「お香」などの類も火が不可欠なものなのでNGとされます。

ちなみに生花やプリザーブドフラワーも贈り物として人気のものですが、贈る際は色は「赤」を避けた方が良いでしょう。赤色も火を連想させます。

贈り物の予算の相場

引越し費用を安く抑える工夫とは?

贈り物の種類のマナーがわかったところで、次に気になるのは予算だと思います。

あくまでも一般的な相場ですが、親族の場合は、親子だと2万~10万円、兄弟姉妹が2万~5万円、近い親戚が1万円程度です。

知人関係の場合は、親しい友人の場合が5千~1万円、会社の同僚の場合5千円、上司や部下の場合も5千円程度で、特別お世話になっている人ならば1万~2万円程度が相場です。ただし、地域性や会社の場合は社内の相場というものがありますので、一般的な相場金額よりも現実的に周りがどのぐらいのものを贈っているのかリサーチしておくことが大切です。

地域や周囲の相場からかけ離れてしまうお祝いを贈ることは、それはそれでマナー違反となってしまいますので、相場を知った上での予算だてが重要になります。また、新築祝いはその他に一般的なお祝いである結婚祝いや出産祝いなどと違い、内祝い(お返し)は不要とされるものです。そのため、内祝いを考えない予算だてをすることも大切です。

新築祝いで具体的に贈られているもの

プレゼント

では、具体的に新築祝いはどのようなものが贈られているのでしょうか…気になりますよね。そこで新築祝いで送られているものについてご紹介します。

カタログギフト

最も多いのは現金または商品券、カタログギフトです。新築祝いなので家に関する贈り物をしたいと考える人が多いと思いますが、引っ越ししたてで何が必要かよくわからない時期でもあります。

また、贈る方は何が準備されていて、何が足りないのかわかりません。

できれば実用的なもので喜んでもらえるものが良いと思っても、インテリアや家電には好みがありますので、万が一選んだ商品を相手が気に入ってくれなかったら相手にストレスを与えてしまい、贈り物としては残念な結果となってしまいます。

「何が欲しいか聞いてしまう」という案がありますが、これができる相手ならばそうしても全く問題ありません。しかし、上司や目上の人には聞きづらいものです。

兄弟姉妹や親しい友人ならば聞くことはできますが、遠慮して値段の安いものを相手は答えるという可能性も高く、聞いても本当に欲しいものを言ってくれるとは限りません。

そのため、「好きなものを買ってね」という意味を込めて、現金や商品券、カタログギフトを選ぶ人が多くを占めます

ホーム&キッチン用品

しかし、お祝いは商品を選ぶこともまた真心、という考え方も日本には昔から根付いています。

商品として人気が高いのは、少し高価で自分ではなかなか買わないようなキッチングッズ、お子さんがいる家庭ならば子供用の家具類、プリザーブドフラワー、また胡蝶蘭や観葉植物も人気です。

胡蝶蘭などは新築祝いの品としては意外な人も多いかと思いますが、なかなか自分では買わないものですし、インテリアとして豪華です。なおかつお祝い感も満載ですし、きちんとお手入れをすれば長い間飾ることができます。

また、意外な所では時計というのも人気ですよ。

まとめ

新築祝いは家が建ってそう日が経っていない時期に渡すことが多いものです。特に戸建ての場合は部屋がいくつもあり、全ての部屋に時計が足りていないということが多々あります。

家を購入した経験のある人なら納得だと思いますが、部屋がいくつもあると、頻繁に使うリビングや玄関からインテリアや家具を充実させ、予算の関係もあり、使う頻度が高くない部屋の家具やインテリアは当初のうちはおろそかになりがちです。

そのため、時計や子供部屋や寝室に飾れる写真立てなどのちょっとしたインテリアは重宝されますが、それらインテリアグッズを選ぶ際には注意点があります。

壁紙がどんな色かわからないうちに選ぶことが多いので、どのような壁紙にもマッチする商品を選ばなければなりません。そして赤はNGということも忘れてはなりません。また、自分の家が白やクリーム色の壁だからといって、人の家もそうだとは限りません。

せっかく人生最大のお買い物をした人に対して新築祝いを贈るのですから、喜ばれ、長く使ってもらえる品を選べるよう気をつけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

赤いものはタブー?新築祝いのマナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【専業主婦のお祝儀】友人の結婚祝い、主婦の相場は?

  • 大人のたしなみ!初盆・新盆のお供え物と香典金額のキホン

  • 送る時期はいつ?喪中の時に役立つ「寒中見舞い」の文例

  • 初めてでも大丈夫!困ったときの喪中はがき無料文例集

  • 時期は?相場は?還暦祝いのマナー

  • 家族葬ってどんな葬儀?ルールとマナー