1. TOP
  2. 今年もあとわずか…日本人がするべき大晦日の6つの過ごし方

今年もあとわずか…日本人がするべき大晦日の6つの過ごし方

イベント   79 Views
大晦日の過ごし方

毎年12月31日に迎えるのが「大晦日」です。

1年の最後の日、毎年のことなので実際にこの日をどのように過ごすかは家庭によってそれぞれです。

そんな中でも「新年を気持ちよく迎えるためにどうすれば良いのか」「どんな風習があるのか」など、古くから日本人が過ごしてきた大晦日の過ごし方というのを紹介していきます。

必要な点はきちんと抑えて、新しい1年をスタートできるように準備を行いましょう。

大晦日とは?

分かる

大晦日とは、1年の最後の日とされています。

旧暦などの日本の太陰太陽暦では12月30日もしくは12月29日とされてきましたが、現在の新暦では12月31日とされています。

「みそか」の由来

本来、大晦日の「みそか」というのは「三十日」と表記されており、月の30番目の日という意味がありました。

それが実際の日付に関係なく「その月の最終日」つまり12月31日を意味するようになったのです。

また大晦日は別名「おおつごもり」とも言います。つごもりは月隠の短縮語であり、陰暦の月が隠れていて出てこない月の最終日のことを指します。

12月の場合は年の最終日でもある「みそか」のため、これに「おお」がついて「おおつごもり」と呼ばれるようになりました。

昔の大晦日は新年の始まり?

古くから年の最終日という認識のあった12月31日ですが、じつは正確に言えば「大晦日=新年の始まり」でもあったのです。

それは1日の始まりの違いにあります。現在は深夜0時が日付が変わる境目ですが、昔は1日の境目が日没であったのです。

そのため大晦日の日没が新しい日の始まりということで、その夜はすでに新年であったと考えられているからです。

このように昔と今とで日の変わり方が大きく違っていました。しかし暦が変わってからは12月31日が年の最終日であるという認識が定着して今日まで至ります。

大晦日の風習

大晦日の風習は古くから伝わる「歳神様」への信仰に基づく儀礼から生じており、これらは歳徳神とも呼ばれる「その年1年を司る神様」とされています。

その年によって神様が来られる方角が異なるため、その方角を恵方と呼びます。また正月に訪れるということから「正月様」とも呼ばれます。

この神様は神社に訪れるのではなく、各家庭に訪れると昔から信じられていたことから、各家庭にて神様をお迎えするためのご馳走を用意するという考えがありました。

多くの家庭で大晦日にご馳走を囲むのはこの風習があるためです。

神様をきちんとお迎えできるよう準備をするために「大晦日は家にいるもの」と言われてきました。

そのため多くのお店も大晦日までには仕事おさめをし、誰もが各家庭で1年を締めくくり新年を迎えるための準備を行うというのが一般的でした。

日本人の大晦日6つの過ごし方

三世代家族

大晦日が、1年の締めくくりであるのは分かりました。ですが、実際にこの日をどのように過ごすのが良いのかが分からないという人も少なくはありません。

最低限のポイントを抑えれば、あとは決まった過ごし方というのはないため、そのポイントだけ抑えてゆっくり新年が訪れるのを待ちましょう。

1.家族で過ごしましょう

この1年間にあったことを振り返り、新年はどのように過ごしていくかなどの話をする家族団らんの時間を持つようにしましょう。

とくに、家族が学校や仕事などの関係で別々に暮らしている場合は、ぜひこの機会にコミュニケーションをとると良いんじゃないでしょうか。

2.大掃除をしましょう

神様をお迎えし、新しい年を気持ちよく迎えるためにも、家の隅々までキレイに掃除しておきましょう。

普段はできない場所を掃除するには時間がかかるため、年末の数日を使って掃除する人もいます。

なるべくその年の汚れはその年のうちに片づけるようにし、新年までその汚れを持ちこさないようにしましょう。

3.年越しそばを食べましょう

そばには「厄を切る」という意味のある縁起物です。このそばをいつ食べるのかと、悩む人も少なくありません。

厄を切って新年を迎えるためにも、大晦日のうちに年越しそばを食べて新年を迎えるのが習わしです。

ゆっくりテレビを見ながら、家族と一緒にそばを食べるのも良いですね。

4.年の湯に入りましょう

大掃除に次いで、その1年の汚れを落とすという意味で大晦日に入るお風呂は、1年で1番特別だと言われてきました。

そのため大晦日はゆっくりお風呂に入って、全身の垢を落としてしまいましょう。

とくに毎日忙しくてお風呂にゆっくり入れない方は、この日ぐらいはゆっくり入っても良いんじゃないでしょうか。

5.除夜の鐘を聴きましょう

除夜の鐘は、「心を惑わし、身を悩ませるもの」を指す煩脳を鐘をつくことで取り除くとされています。

そのため清らかな心で新年を迎えるためにも、除夜の鐘を聴くと良いでしょう。

ただ住む地域によっては、鐘の音を聴くのが難しいところもあると思います。聴くにも時間帯が深夜になります。

ですので無理して聴く必要はありません。

6.ご馳走の用意も忘れずに

新しい年の神様をお迎えするためにも、また家族・親戚などで過ごすためにもご馳走は必要不可欠です。

また新年を迎えたときに食べる縁起物を詰めた「おせち」の準備も忘れてはなりません。

いまご紹介した6つのポイントさえ抑えておけば、充実した大晦日を過ごすことができます。

やることがたくさんあって大変そうに感じますが、それぞれの意味をきちんと理解した上で、なぜ必要なことなのかを考えて実行しましょう。

それが新しい1年を気持ちよくスタートすることにつながります。

地方ではこんな過ごし方も

田舎

大晦日は古くからある毎年の大きな行事であるため、地域性というものも強く表れる傾向にあります。

そのため一般的だと思われていた風習も、地域によっては当たり前ではなかったりということもあります。

では、どのような地方でどのような過ごし方があるのでしょうか?代表的なものをご紹介しましょう。

北海道

おせちは年明けに食べることが多い傾向にありますが、北海道では年が明ける前から食されます。

そして新年を迎えたら、残ったおせちやお寿司などのご馳走を食べるという風習があります。

他の地域と変わらないのは「年越しそば」は年が明ける前に食べるという点でしょう。

秋田県

さまざまな災いを祓うために各家庭を訪れる「なまはげ」が登場します。なまはげをご存知の方も多いでしょう。

大きな口に大きな牙をのぞかせた鬼の顔に、手には大きな包丁や鉈を持っているのが特徴です。

災いを祓うために怖い容姿で暴れるのですが、それが幼い子どもたちには恐怖の対象ともなります。この地方独特の風習です。

栃木県

栃木県の中でも、とくに北部の方では年越し前に「コンニャクを食べる」という風習が残っています。

コンニャクは「腹の砂を払う」と言われていることから、体の内側から身を清めるという意味でコンニャクを食べるようになったとされています。

宮城県

宮城県でも仙台では、大晦日の夜に「子持ちのナメタガレイの煮つけを食べる」という風習があります。

なぜなら子孫繁栄に縁起が良いと言われているから。

とくに冬場に産卵期を迎えるナメタガレイは、お腹にたっぷりと子を持っていることから、昔から子孫繁栄の象徴とされてきました。

沖縄県

沖縄県では、古くから大晦日の夜は「家族そろって豚肉料理を食べる」という習わしがあります。

そのことから、この日には豚の角煮などのさまざまな豚肉料理が食べられています。

このように地方によって様々な過ごし方があります。

とくに顕著に表れる違いは食文化でしょうか。大晦日に食べるものが地方によって若干ことなります。

そのため結婚などを機に地元とは違う地方で年末を過ごすという方は、自分の地元の風習ではなく相手方の風習や過ごし方に合わせる必要があるため、事前に調べておく方がよいでしょう。

まとめ

古くから伝わる風習や縁起物などは、年々薄れてきている傾向にあります。

大晦日は新年を迎えるためにも、自宅でゆっくり過ごすというのが一般的な過ごし方であったのが、今日では年末年始は関係なく仕事をするという企業も増えました。

また家族団らんで過ごすのではなく、友人たちと楽しく過ごすという過ごし方を選ぶ若者なども増えています。

もちろんどれも悪いことではないのですが、日本ならではの文化の1つでもあるため、きちんと理解するよう心がけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

大晦日の過ごし方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 忙しいパパを喜ばせてあげよう!父の日のおすすめプレゼント

  • お星様や天の川をお部屋に飾ろう!七夕飾りの折り紙の作り方まとめ

  • 産まれて初めての「ひな祭り」(初節句)は何をするもの?

  • 何が必要?おせち料理の定番の中身20個とその意味

  • 母の日のおすすめプレゼント!義母への上手な贈り方を解説!