1. TOP
  2. 引越し費用を安く抑える工夫とは?

引越し費用を安く抑える工夫とは?

 2016/02/16 生活   45 Views
引越し費用を安く抑える工夫とは?

引越し費用は工夫次第で安くすることができます。そして、引越し費用を安くすることができれば、そのほかのことにお金をまわすことができます。

例えば欲しい服を買ったり、美味しい食べ物を食べたり、大好きな趣味にお金を使えますよね。

ということで今回は、引越し費用を安く抑える工夫の仕方をご紹介します。

引越し費用は3社以上から見積もる

見積もり

まず、引越し費用を抑えるために、いろいろな引越し業者から見積もりをとることが大切になります。見積もりは、絶対に一社ではいけません。最低でも3社以上からとらないと比較ができません。どの業者にはどんなサービスがあるかとか、業者の対応などもすべて比較ができます。

ここでポイントですが、少なくとも3社以上からは見積もりを取り寄せて、見積もりをとったすべての引越し業者に、すべての引越し業者の金額を嘘偽りなく伝えることが重要になります。

こうすることで、それぞれの引越し会社は、勝手に値引き合戦をはじめてくれるからです。値引き合戦はエスカレートしていき、いよいよどの引越し会社も手を引いたときに、最後に残った引越し会社がだした金額で引越しの最安値がわかるのです。

変に交渉したり、「値引きして欲しい」といったように自分の感情を直接伝えるよりも、他社の見積金額だけを伝えるほうがスマートですし、浅ましい気分にならないですむのでおすすめです。さらに必ず、引越し料金の底値にたどり着くのです。

引越し一括見積もりサイトを利用する

パソコンを見る

引越し一括見積もりサイトを利用するのもおすすめです。ここを使うことでも、間違いなく引越し費用の最安値や底値にたどりつくことができます。

このようなサイトは、たった一度条件を入力するだけで、複数の引越し会社からどれくらい費用がかかるのかすぐに教えてもらえます

また引越し一括見積もりサイトは、ただ便利なだけではありません。情報の入り口が、このようなサイトということを引越し業者も知っているので、最初から競合料金で勝負してくれるのです。つまり、最初から引越し業者は、料金の最安値で金額を出してくれるのです。

自分で引越し業者に電話をした場合には、引越し会社はある程度の値引き幅を持っている引越し費用を提示してきます。そのため、そこからの値引き交渉になります。

でも一括サイトを利用すれば、最初から自社引越し費用の最安値で金額を出してくれるので、底値にたどりつく可能性が高くなります。

ちなみに忙しい方の場合は、特にこのようなサイトを利用することがおすすめです。直接電話をして値引き交渉をするのもとても大変ですし、面倒ですが、このようなサイトを利用すれば、自分で引越し費用の値引き交渉をする必要もなくなる場合が多いからです。

引越し費用は日にちや時間帯で変わる

カレンダー

また、引越し費用の相場は、引越しをする日にちや時間帯によっても大きく変わってくることを知っておかないといけません。そこを知っておかないと失敗することになってしまう場合があります。

もしも、引越しの日にちが土曜日や日曜日、祝日になってくると、費用は高めになってしまいます。このようになってしまうのは、引越し業者が土曜日や日曜日に働きたくないと思っているからなどではありません。

単に、引越しの希望者が殺到してしまうので、費用が高めに設定されているのです。これは、月間でみても同じことがいえます。月初や月末というのは、どうしても高めの金額が設定されていて、中旬は安めの金額が設定されているものです。

不動産物件が賃貸の場合には、家賃のニ重払いの期間を減らすために、月末に引越しが集中するのでこのようになっているのです。さらに時間帯によっても引越し費用は違ってきます。朝いちばんの引越しから、午後、そして夕方という順番に引越し費用は安くなっていきます。

このことを知っているのと知らないのとでは、引越し費用を安くできるかどうかが違ってきます。このように、引越し費用が少しでも安くなる日を知っておき、その上で、引越しの希望日や時間帯など、第1候補から第3候補くらいまでだしておくと安心です。

場合によっては、料金が倍違うということもあります。可能であれば、引越しをするのは、平日の夕方にするなどすることで、引越し費用の節約につながるのです。

リサイクルショップを利用する

リサイクル

ゴミを処分するには想像以上のお金がかかります。特に、一人暮らしの人の場合には、引越し費用以外のことでお金がかかるということがよくあります。

新生活をスタートする際に、すべて家具を新調したいと思う人も多くおられますが、この時の不用品を処分しようとするだけでもお金はかかります。例えば冷蔵庫などを処分する場合に必要となる費用の相場ですが、だいたい1万円くらいは必要になります。

いらない家電や家具などがある場合の費用を安くするポイントですが、リサイクルショップを利用することです。最近では、自宅まできてくれて査定をしてくれリサイクルショップもあるので本当に便利です。

古い家具や家電の場合には、リサイクルショップに売ったとしても0円という場合がありますが、どれでもお金をわざわざ出して処分するよりはましになっています。さらに、うまくいけば有料で買い取ってもらえることもあるので、一度リサイクルショップに相談するのもおすすめです。

引越し費用というのは、引越しをする距離や引越しに使うトラックの大きさ、作業員の数などによって決まってきます。引越し費用を安く抑えるためには、荷物を少なくすることもポイントの1つになっています。

荷造りは自分で行う

ダンボール

引越し費用を安くするために、荷造りは自分で行うことが大切です。荷造りもすべてやってくれる、引越しパックというものもあります。しかし、その引越しパックには作業員の人件費がプラスされていることを忘れてはいけません。

運ぶだけであれば、2人分の費用ですむところが、箱詰めにさらにプラス2人必要となり、4人の作業員を雇っていることになってしまうのです。少しでも引越し費用を安くしたいと思っているのであれば、箱詰めなどの作業は、自分ですることがとてもおすすめです。

どうしても時間がないというのであれば、自分の家族に手伝ってもらうなどして、工夫をするこがとても大事になってきます。

また、引越し業者がダンボールを準備してくれるところも多いのですが、ダンボールが足りなくなってしまうこともよくあります。追加でダンボールをもらう場合には追加料金が発生するようなときには、スーパーやホームセンターなどにいって、使用済みのダンボールをもらってくると安上がりでとてもおすすめです。

しかし、食器や本などをつめる場合には、スーパーなどでもらってくるダンボールの場合は強度が足りないことがあります。中古のダンボールを使う場合には、厚さなどにも注意をしないといけません。引越し費用は、工夫することで安くすることができるのです。

引越し費用はシーズンでも変わる

さくら

また、引越し費用はシーズンによっても違ってきます。通常期であれば、単身引越しの相場の費用は42,000円から52,000円程度、家族での引越しの場合の相場の費用は70,000円くらいから150,000円くらいとなっています。

ですが、繁忙期になると、通常期よりも3万円くらいは上乗せされます。引越しシーズンをきちんと考えることも、引越し費用を安くするための注意点になります。

ちなみに引越しの繁忙期は、3月〜4月上旬まで。また閑散期は5月以降といわれています。

これらの注意点をきちんと考えることで、引越し費用が高くなりすぎて失敗してしまうことを防ぐことができます。そして引越しに失敗しないためにも、事前にいろいろな場所から情報収集をすることも大事になります。

まとめ

引越し費用は、かさむと馬鹿にならない料金になります。せっかく費用を抑えることができるのに、それに気づかすに高い料金を払うのはもったいないですよね。

今回ご紹介した引越し費用を安く抑える工夫の仕方なら、引越し費用の払い過ぎを防ぐことができます。

もし、あなたがこれから引越しを考えていらっしゃるなら、ぜひ参考にしていただけたらとおいます。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

引越し費用を安く抑える工夫とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 取り出しやすい!クローゼットの究極収納術

  • トイレ掃除の仕方/重曹とクエン酸でしつこい汚れを簡単撃退!

  • え!?重曹で!?簡単にできる洗濯機の掃除方法

  • 引っ越しの挨拶マナー5つ!安心してご近所付き合いを始めよう

  • 誰でもできる!革靴のお手入れ方法で足元を長くキレイに保つ

  • これであなたもやりくり上手に!おすすめの無料家計簿アプリまとめ!