1. TOP
  2. 簡単なのに手の込んだように見える簡単レシピ!

簡単なのに手の込んだように見える簡単レシピ!

料理   1,105 Views
簡単なのに手の込んだように見える簡単レシピ!

昔と違い今は働く主婦が多い時代。専業主婦でも毎日おかずを考えるのはおっくうなのに、仕事から帰ってきてクタクタの働く女性の皆さんならなおさらのことですね。

とはいってもすぐに作れる簡単レシピだけ作ると、作る側は楽ですが食べる相手は口には出さなくても「またか…」と思ってしまいマンネリ化してしまうでしょう。

作る側も同じく「今日もこの簡単レシピオンリーだけの食卓か…流石に飽きちゃう」となってしまいます。

そんな現状を打破する為、簡単なのに「手間暇かけたように思わせる」料理のコツと簡単レシピについて紹介します。

時短料理のコツ

コツ

まずは基本となる時短料理のコツ。これを押さえれば簡単レシピのバリエーションが増えます。

茹でる(焼く・炒めるでも可能)

1.複数いっぺんに食材を茹でる

夕食の準備のときに、もやしのカレー粉炒め(これも簡単レシピです)作ろうともやしを茹でるとしたら、その翌日の朝ごはんの目玉焼きに使えるようにソーセージを、夜ごはんのお味噌汁の具に入れられるように、ほうれん草か小松菜あたりも一緒に茹でちゃいましょう。

時間が経っているけど大丈夫なの?と思うかもしれませんが一日なら、冷蔵庫保管で品質保持できます。

ちなみに冷凍庫に保存する時は3~5日が目安です。

2.茹でる順番に気を付ける

「緑の薄いもの濃いもの・あくの多いもの」という順番で茹でていくと、食材の味がごちゃ混ぜになりません。

3.茹で上がったものは大きさを揃えて切っておく

茹でるところで終わりにせず、使うときの大きさで切っておく事も大事です。何故なら翌日にもう一回包丁とまな板を使うのは面倒くさいからです。

出したついでに、先の食事の支度の一部もしてしまいましょう。時短と段取りは紙一重ですからね。

まとめて作る

とはいっても同じおかずでは飽きてしまいますので、まったく別の料理に変身させましょう。複数のリメイク料理が作れる、代表はカレーなどのシチュー類を作っておくことです。

では一度にカレーなどのシチュー類をたくさん作るメリットは、いったい何なんでしょうか?

1.次の日以降の料理が短時間に仕上がる

主食となるご飯をパスタ、麺類、パンなどに代えるだけで別の簡単レシピとして楽しめます。炭水化物は使いまわしがききますよ。

2.単品ではなく混ぜてアレンジできる

単品使いではなく、スープなどの汁気があり他のものと混ぜることで、飽きずに使いやすく食べる相手に「…またこれ?」と思われなくなります。

3.具材が多いので栄養面でも安心

1つの食材を使ったものをリメイクする場合に比べて、複数の肉や野菜をふんだんに使いに多くの栄養が含まれているので、お手軽なわりに栄養面での偏りも防げます。

時短料理のコツを利用するとこんなことも

時短料理のコツを利用をすれば、以下のようなこともできます。

リゾットやドリアに

ご飯に混ぜて火を通すだけ!超短時間で、10分程度もあれば手の込んだメインのおかずが完成します。一から作る場合に比べ、具材を切って炒めての時間がない分、時間配分が楽ですね。

パスタソースのベースに

通常は茹で時間(約10~15分程度)の間に、同時にソースを作りますが、その手間がない分、茹で時間にサラダなど簡単なサイドメニューを作ることも可能で、その分時短になります。場合によって追加具材なしにすれば更に時短できます。

コロッケなどの具材に

具材を切って炒めてから始める場合に比べ、上述のカレーに使ったジャガイモに混ぜるだけで、玉ねぎや肉を炒める手間なしでできますので、その分時間を節約できます。味のベースが完成しているので味付け失敗!はありません。

もし、カレーの具材のジャガイモ(大き目)が残っていれば、そのまま潰して、ジャガイモの茹で時間も節約できます。

付けダレや出汁として利用

鍋のベースにしたり、出汁で割って風味豊かなうどんや蕎麦のつけ汁にしたりという使い方もできます。

時短重視といっても何時も同じような味やメニューではの食事の楽しみが半減し本末転倒ですから、こういった味付けの表情がコロコロ変わるバリエーションが豊富なことは、時短料理の活用の幅を広げてくれます。

手の込んだ様に見える簡単レシピ

ごちそう

ここから上記を踏まえた、手の込んだ様に見える簡単レシピを紹介します

ルーと野菜を混ぜてオーブンでチン

カレーやシチューなどにピーマン、トマト、玉ねぎなどの野菜を入れ、ご飯にかけたら粉チーズを振ってオーブントースターで焼く。普通のカレーもよそ行きの料理に見えるから不思議。更に時短で楽をしたいのならレトルトカレーで代用できます。カレー好きな方に出したい簡単レシピの一品です。

ミキサーでスープを作ろう

冷製スープはミキサーがあれば、好きな野菜をペースト状にして、冷蔵庫で冷やしておくだけで完成。具材たっぷりのスープは手が込んでいる様なイメージがありますが、作ってみると簡単レシピの一つなんです。

キッシュにパイシートを使う

キッシュは手のかかる料理だと思うでしょう。が、パイ生地は冷凍のパイシートを使えばアッサリできてしまう簡単レシピです。

パエリアを炊飯器で炊く

冷凍食品のシーフードミックスを買ってきて後は肉や好きな野菜と風味豊かな調味料を炊飯器に入れてご飯を炊くだけ。たったこれだけ作業で、一見手が込んだ様に見える簡単レシピ風パエリアのでき上がり。

オーブン不要のローストビーフ

ローストビーフと言えばオーブン…ではなくフライパンでも作れます。肉を焼いてある程度火が通ったら調味料を入れて煮込むだけです。普通に野菜を切っても良いのですが、時短の為にスーパーで売っている野菜を使い盛り付け・見栄えを良くするだけで本格的に。少なくとも簡単レシピには見えないでしょう。

トマト・モッツァレラチーズを切って挟む

メインではなくサブのおかずに最適。各材料を切ってオリーブオイルや塩こしょうをかけるだけですが、バジルを添えると素材本来の風味が加わり食が進みます。ワインやビールにも合うおつまみ風簡単レシピです。

手の込んだ様に見える簡単レシピ・スイーツ版

スイーツ

おかずだけでなく女性やお子さんが大好きな簡単レシピ・スイーツ版の紹介です。

ガトーショコラ

オーブンで作るのがオーソドックスですがフライパンで簡単に本格的にできます!フライパンにクッキングシートを敷いて作ります。

材料はミルクチョコレート、バター、砂糖、ホットケーキミックス、ココアパウダー、卵。材料は普通のと殆ど同じですがホットケーキミックスを使うのがミソです。これだと手軽にできて良いですね。見た目も豪華です。

ムース

ケーキと同じくスイーツの定番。ムース自体は普通に作ります。ここで手の込んだ様に見える簡単レシピの基本となる「盛り付けを良くする」を加えてみましょう。

可愛いカップに入れてフルーツやケーキ用の飾り(ハート系メッセージチョコなど)、リボンを巻いたりするだけで、普通店で売られている様なスイーツに見た目が変わります。

スイーツ便乗でジャムもお勧め

ただ果実と甘味料をコトコト煮込んだだけですが、瓶に詰めて「手作り」と言うだけで相手は「凝ってるなあ」と思うでしょう。実際は余程本格的でなければ簡単レシピに分類されるのですがこれはイメージと言葉の力ですね!

まとめ

「時短テクニックで作る」「残りを作り置きしてアレンジ」「見た目を良くする」「一般的に豪華で手が込んだイメージ(ここで挙げた中ではキッシュやローストビーフ)の料理」「フライパンで代用する」などが、豪華に見えて実は簡単なレシピを生み出すコツです。

簡単レシピでも応用とコツを掴めば簡単に美味しい料理がどんどん作れます!

これらの「手間暇かけた風に見えるラクチン料理」で、食卓のマンネリ化を打破してみましょう。どうやって楽をするか、料理バリエーションも増えて自分自身のスキルアップにも繋がりますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

簡単なのに手の込んだように見える簡単レシピ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 食物繊維で便秘バイバイ!カンタンに作れる野菜料理レシピ

  • 毎日の料理に使える便利グッズ11選

  • 今さら聞けない「クックパッド」の使い方と活用法!

  • 【小学生向け】ぱぱっと作れる子供が好きな朝ごはん