1. TOP
  2. 取り出しやすい!クローゼットの究極収納術

取り出しやすい!クローゼットの究極収納術

 2016/03/23 生活   1,004 Views
クローゼットの究極収納術

クローゼットは、いつでもすっきりと収納したいものです。しかし、最初のうちは良くても、次第に乱雑になって困っている方も少なくないことでしょう。

すっきりとした状態を維持するためには、究極の収納術を知ることが近道といえます。なんとなくしまっているだけでは、すっきりしたクローゼットにはなりません。

そこで、取り出しやすいクローゼットの究極収納術をご紹介しますので、ぜひお役立てください。

取り出しやすいクローゼットを作るには?

はてな

まず、どのような点に気を付ければ、取り出しやすいクローゼットになるのでしょうか。究極の収納術を実践するためには、見極めなくてはならないポイントがあります。

そしてクローゼットは限られた空間なので、その空間を最大限に活かすためには、クローゼットの特徴をつかむことが大切です。

クローゼットの状況を把握する

テレビや雑誌などでも、クローゼットの収納については、度々取り上げられているようですが、そのとおりに実践してみたとしても、なかなか長続きしないというケースも少なくありません。

それは、クローゼットの形や大きさが、その家庭によってさまざまであることや、家族の人数にもよって収納量に差があるからだと考えることができます。

ですから究極の収納術として、自分の家のクローゼットの状況について、正確に把握するということが大切となってくるのです。

クローゼットの死角もチェック

取り出しやすい機能性の高いクローゼットにするには、自分の家のクローゼットで、どの部分が死角となりやすいのかを見極めることが重要です。

まずは、そのような点の確認からはじめることで、究極の収納術が実践できることになりますから、面倒に思わずにくわしくチェックしてみましょう。

そして「新たに整理するぞ!」と意気込むと、どうしても収納用のグッズを購入したくなる方もいるようですが、それが本当に必要なものなのか吟味することも大切です。

なぜなら、せっかくグッズを買ったとしても、結局邪魔になる可能性もあるからなんです。

自分にとって取り出しやすい場所を知ろう

衣類・収納

取り出しやすいクローゼットを作るには、自分にとって衣類が取り出しやすい場所を知ることが大切です。そこで、自分がクローゼットを使っていて、取り出しやすいと感じる場所がどこなのか、考えてみましょう。

取り出しやすい場所を整理しよう

クローゼットで衣類が取り出しやすい場所を考えると、多くの方が「クローゼットの一番前」をイメージされるんじゃないでしょうか。しかし、すべての衣類をその場所に置いておくのは、現実的には不可能なことです。

そこで取りやすい場所を上手く整理すれば、取りやすい衣類が増えるという結果になります。つまり、自分にとって負担の少ない収納場所を整理することが、収納量を増やすことにつながるんです。

衣類を取り出すイメージをしよう

多くの方にとって取り出しやすい場所というのは、しゃがんだり背伸びしたりしなくても、衣類に楽に手が届く範囲を指すことが多いようです。また、衣類の前に他の荷物が置いてあるかどうかも、取り出しやすさにかかわってきますよね。

逆に取り出しにくい場所は、扉の陰になってしまっている場所や、引き出しを開けるたびに扉にぶつかってしまう場所などがあります。なぜなら、そのような場所から衣類を取る時、人は面倒に感じてしましまうからなんです。

このように、クローゼットから衣類を取り出しやすい場所と取り出しにくい場所を整理し、そこから衣類を取り出すイメージをすることも、自分にとって取り出しやすい場所を知ることにつながるんですよ。

取り出すまでの手間は少なく

服の取り出し

すっきりとしたクローゼットを保つために必要なのは「機能性」です。機能性を高めるためには、無駄な動きを少しでも減らして手間を少なくする工夫が、非常に重要となってくるんです。

使用頻度で収納場所を変える

どんなに美しく収納したとしても、取るために手間がかかるのでは、美しい状態は長続きしないでしょう。手間というのは、その服を取るために「前にある荷物をよけなくてはならない」とか、「いくつかの扉や引き出しを開けないといけない」といったような場合です。

毎日行うこととなると、手間がかかればかかるほど、人は面倒に感じてしまうものです。そのため、季節によって使用頻度がことなるものや、スキーウェアや手袋、水着などの場合には、使用する季節以外には、取るのに手間がかかるような場所にしまっておいても問題がありません。

ですので、使用頻度の高い衣類は取り出しやすい場所に収納し、使わないものは奥に収納するというのが、整理する上では鉄則ともいえるでしょう。

収納はシンプルに行う

収納量には限界がありますから、なるべく使用頻度の高いものに関しては、簡単に手にとることができるようにすることが大切です。そのためには、収納方法をシンプルにしましょう。

細かい間仕切りなどを張り切って作ったとしても、実際には使いつらいと感じるかもしれません。また、間仕切りという狭い空間に、小さく衣類をたたんでしまうという作業が、本当に毎日行うことができるのか少し疑問になってきます。

そこで、引き出しに収納する量をはじめから少な目に設定しておけば、毎回、狭いところにしまうストレスも減らすことになります。そして逆に使うときも、簡単に取ることができます。

一番使いやすい場所でなくても、収納の量を適切にすることで、快適に使う事もできますよ。

衣類の量を減らすことも大切

リサイクルショップ

クローゼットに収納することができる量には、限界があります。すっきりとしたクローゼットにするためには、しっかりと整理して収納するのが大切です。

衣類を思い切って減らす

でも究極の収納術とは、もともとの量を減らすという努力をすることにあるのかもしれません。自宅のクローゼットでのいつかは着ると思っている衣類も、よく考えてみたらもう何年も着ていない…というような衣類は、思い切って処分するということも検討する必要があるでしょう。

もし捨てるのがもったいないと感じるようでしたら、リサイクルショップに売るとか、ボランティア団体に寄付するといった方法もありますよ。

衣類を圧縮する

それでも「どうしても処分することができない」というのであれば、衣類圧縮袋などを活用して衣類のカサを減らしてみると良いかもしれません。

そうすることで、虫がつく心配もなくなって収納場所にもゆとりがでます。でも、長い間そのままに放置しておくと、カビなどの原因にもなる可能性があるので注意しましょう。

使いやすいクローゼットにするためには、圧縮した衣類も使用頻度に段階を決めてから収納するようにしましょう。長期的に使う予定のない衣類は一番取りにくい場所へ。その次は、季節によって使うことが限られているものになります。

まとめ

いかかがだったでしょうか?

クローゼットに衣類を収納するは意外と難しく、何も考えずに収納すると取り出しが難しくなって、収納量も少なくなってしまいます。

そこで今回ご紹介したクローゼットの究極の収納術なら、衣類の取り出しが簡単になって、収納量を増やすことができます。

また、いらない衣類や長期間着ていない衣類は、思い切って捨ててしまって衣類の量を減らせば、クローゼットにきっちり収納できますよ。

ちなみに、今回ご紹介した収納術をすべて行う必要はありません。まずはできることから始めて、徐々にクローゼットをスッキリさせていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の注目記事を受け取ろう

クローゼットの究極収納術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

暮らしと生活の知恵袋ならクラコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あなたのスマホが長持ちする!無料おすすめ節電アプリ10選

  • 忘れると後で困る!引越しに関わる手続きリスト

  • もう迷わない!新しくなった洗濯表示の一覧とその意味

  • トイレ掃除の仕方/重曹とクエン酸でしつこい汚れを簡単撃退!

  • これであなたもやりくり上手に!おすすめの無料家計簿アプリまとめ!

  • 【保存版!】しつこいカビもキレイにするお風呂の掃除術